手相で幸せ探し

手相占いで気になることは?

占い師に観てもらいたいことは、人それぞれですよね。
職場での人間関係に悩んで占い師を訪ねる人もいれば、

家族の問題に心を痛めて占いに助けを求める人もいるでしょう。

 

別れた恋人と復縁したいと泣く人もいれば、
意中の相手と自分の相性を観て欲しいという人もいます。

 

これらの悩みに共通していることは、
根底に「愛情」の問題が絡んでいるということ。

愛情の形は人それぞれですが、
親子、友達、同僚、恋人、配偶者…全ての関係に

何らかの形で「愛情」が関与しています。

 

子供を思う親の気持ちは「愛」以外の何物でもありませんし、
親をいたわる子の優しさも「愛情」。

友達を心配する気持ちも「愛情」ですし、
好きな相手のことを思って胸をときめかせるのも「愛情」です。

 

ですから、愛情運を観ることによって、
たいていの相談の悩みに答えることができると言えます。

 

手相占いにおいても然り。
仕事運、芸術的センス、金運、セックスアピール…

手相から読み取れることは様々ですが、
基本となるのはやはり愛情運です。

手相からその人の愛情運を観ることによって、
「人から好かれる人なのか?」

「どんな風に人を愛する人なのか?」
「人に対して愛を表現するのがうまい人なのか?」

「人に助けてもらえる人なのか?」

 

…人間関係のパターンはだいたい分かります。

 

人を愛するのが下手な人は愛を受け取るのも下手でしょうし、
愛情が激し過ぎる人は愛情で失敗することも多いでしょう。

手相から読み取る、あなたの愛情運

手相,愛情運

では、実際に手相から愛情運を読み取ってみましょう。

 

●親指の下の「金星丘」が柔らかい手相
金星丘とは、生命線に囲まれたふくらみの部分を差します。

この部分が発達している手相の持ち主は、生命力にあふれた活動家。
性的魅力も十分ですので、愛情運にも恵まれています。

 

この丘が柔らかい手相の人は、情が深く優しい人。
相手の立場に立って、相手を思いやることができる人です。

 

ただし、この部分が柔らか過ぎる人は、
情にほだされて損をすることも多いので注意しましょう。

 

 

●金星丘に横線が目立つ手相
生命力や愛情運の象徴である金星丘に横方向の線が多数ある手相は、

情に流されやすいタイプ。
誘惑に負けて浮気に走り、泥沼状態に…なんてことにもなり兼ねません。

大切な人を傷つけることにならないよう、自分自身を戒めましょう。

 

 

●金星丘に縦線が目立つ手相
このタイプの手相は、情に流されることはなく、常にクール。

恋愛にも冷めているので、
恋人に幻滅されてしまうこともあるかもしれません。

 

愛情は、お互いに熱くなって感情をぶつけ合うことによって成長するもの。
常に冷めているようでは、

相手の不満が募っていくのも無理はありません。
大事な人の愛情を失いたくないのなら、

「かっこわるい」なんて思わずに時には熱くなることも必要ですよ。

 

 

●木星丘にハリがある手相
人差し指の付け根付近のふくらみは、

目標達成や幸せの到来を告げる丘である「木星丘」。
この丘が豊かに発達している人は、愛情運も抜群です。

大恋愛を成就させる可能性大。

 

この丘に十字の線がくっきりと刻まれていれば、愛情運はMAXです!!
近いうちに、大きな幸せが舞い込んでくるでしょう。

 

 

●土星丘にハリがある手相
中指の付け根付近は、努力と節制、忍耐を表す丘。

この土星丘が豊かに発達している手相の人は、
努力や忍耐で愛情運を高めていくタイプの人です。

一度振られても、その人を思い続けて、粘って粘って晴れて結婚に至る
…なんて可能性も大!

大切な人を陰ながらサポートして成功させるという
強さを持つ人でもあります。

 

 

●水星丘にハリがある手相
小指の下のふくらみ、「水星丘」は、あらゆるものの「流通」を表す丘。

この部分の手相から、
お金の流れや人間関係の流れなどを読み取ることができます。

この丘が豊かに発達していて、
なおかつハッキリとした縦線が刻まれている手相の人は、

金運に恵まれている人。
金銭的な面で愛する人を苦労させることがありません。

 

社交性に優れていて適応力もありますので、
どこへ行っても上手に人間関係を築くことができるでしょう。

 

 

●太陽丘に人気線が出ている手相
薬指下の太陽丘にハッキリとした縦線が刻まれている人は、

バツグンの愛情運の持ち主。
太陽のような明るい輝きに魅せられて、

多くの人が寄ってくるタイプの手相です。

 

愛情運においても、まさに「モテモテ」という言葉がピッタリ◎

 

 

●月丘にふっくらとしたハリがある手相
小指下の手首に近い部分を「月丘」といいます。

ある時はふっくらと優しい光を、
ある時は鋭く冷たい光をなげかける月の姿は、

人間の世界における「愛情」を象徴しているよう。

 

この月丘が発達している手相の人は、
愛情においても貪欲に変化を求め続けるタイプでしょう。

 

 

●火星丘に×の線がある手相
火星丘は、内側の情熱を観る際に注目される丘です。

ここの×があるということは、愛情面でトラブルが絶えないというサイン。
強過ぎる嫉妬心ゆえに理性を失い…なんてことが多くありませんか?

 

特に第二火星丘の×印は、
強力な恋のライバルの出現を告げるものでもありますので、

愛情運にまたもやひと悶着あるかもしれません(汗)


手相で知る、あなたの愛情運関連エントリー